無修正アダルト動画とAV女優でオナニーもこれで最後

※当サイトは未成年者の閲覧を固く禁止します。18歳未満の方は退室をお願いします。
さらに読み込む
これで最後のオナニーにしよう。
オナニーとの決別の夜。
私からオナニーをとったら何が残るのかって色々と考えた結果…特に何も残らないのだ。
だけど、オナニーをやめないといけない気がしてきた。
オナニーが全てだと思う人生を送っていた私は、オナニーのない生活なんて考えていなかったのだ。
そもそもなぜ私がオナニーをもうしないなんて考えたのかという事だが…
オナニーをしている事で、オナニーに逃げていて、
オナニーに何もかもを託していたのではないかと考えるようになったのだ。
オナニーをする事自体は何も悪い事ではないと思うが、
オナニーに依存をしてしまっている自分に「このままではいけない」と思うようになってしまったのだ。
何かあればオナニーに頼り、日々の嫌な事を忘れていた。
例えるのならストレス発散にカラオケに行ってるのと同じように、ストレス発散の為にオナニーをしてきたのだ。
それこそ場所を問わずに、
会社のトイレ、漫画喫茶のトイレ、居酒屋のトイレ、カラオケのルームの中、友人宅…。
しかしこれではダメなのだ。いつまで経っても私は成長出来ない。
いつまでもオナニーに頼ってしまい、依存してしまい、そして決別をする事なんて出来ない。
タバコのように依存性があり、そして辞めるきっかけが中々なくてズルズルと続けてしまう。
これではダメなのだ!強い意志を持って、オナニーと決別する覚悟を持たなくては…
オナニーという行為に対して申し訳ない気がする。
大好きなのに別れなくてはならないカップルみたいな心境。
ただ違うのは、対人間ではなく、対行為であるということだけ。
そしてオナニーが私の事が好きなのかどうかが分からない以上…
もしかしたらオナニーは私と決別したがってるかもしれない。
私はとても悩み、そして考えた。
そしてその結論がやはりオナニーとの決別だ。
最後のオナニーは華々しく飾ろうと思う。
これで最後のオナニー。
そう思ったら涙が出てきてしまう。
だが時は待ってはくれない。
これで最後のオナニーをして明日からはオナニレスな生活をしよう。
最後の夜…。最後のオナニー。
これからもう一生私がオナニーの為にオチンポ様を触る事はないのだろう。
そして、時にオナニーをしたいと思う衝動を一生懸命に抑え込みながら苦悩するのだ。
しかしそれでも私はオナニーをやめる。断つのだ。
かけがえのないオナニーよ。今夜で君とはお別れだ。
さようなら今までありがとう。フォーエバーオナニー!